セロリマンの楽しい情報ブログ

【 YOUTUBE 】 セロリマン の アクアリウム チャンネル
スポンサードリンク




メダカの餌、ミジンコの(繁殖)増やし方!なぜ失敗するのか?全滅するポイントをしっかり理解しよう!

 


スポンサードリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
セロリマン
愛娘をこよなく愛する兼業ブロギューチューバーのセロリマンです。 趣味のアクアリウムに関するYOUTUBE動画を中心に、関連したブログを好き勝手に書き綴っています。 この「わくちゃれブログー」は、アクアリウムに関したブログだけでなく、ワードプレスの使い方・ブログの書き方・SEO対策などの役立ち記事をも書いていますので、これからブログを始めようとしている読者の方々にとっても励みになるブログです。

メダカ飼育でオススメの餌の中に「ミジンコ」があります。

 

ミジンコってめちゃくちゃメダカにとってメリットがあります!

 

 

・メダカの成長がはやい!

・メダカの調子がすこぶる良い!

 

 

メリットがあるが故に、ミジンコの繁殖を自宅でされている方もたくさんいますよね?

 

そんな中「なかなか増えない」「全滅しちゃった」なんて声をよく聞きます!

 

今回はそんなミジンコを上手に増やして、メダカに与えまくれる方法をお伝えします。

 

ミジンコーー!

セロリマン

 

 

ミジンコの全滅ポイント

 

ある日突然ミジンコが消え去っていた・・・

 

なんて経験ありませんか?

 

ミジンコっていきなり激減してしまったりする事があるんですよね・・・

 

ミジンコが消え去る原因として

 

 

・水温の管理

・有性生殖期による繁殖力の低下

・過密

 

 

主にこの3点が考えられます。

 

水温の管理

 

生物って快適に過ごせる温度が存在しますよね?当然ミジンコに快適に過ごせる温度があります。

 

15℃~24℃くらいまでが、ミジンコにとって過ごしやすい水温と考えられています。

 

そして、30度を超えてくると、少ししんどくなってきます。

水温があがりすぎると、溶存酸素量が減ってしまうので、酸欠にもなってしまいます。

 

なので、夏場は特に水温の管理をして、水温が上がり過ぎたら、日陰等に避けてあげる等の対策をとってあげてください。

 

有性生殖期による繁殖力低下

 

ミジンコって、メスだけで繁殖する「単為生殖期」オスと交尾によって繁殖する「有性生殖期」の2種類の方法で子孫を残します。

通常は単為生殖で繁殖する事が多いんですけど、生活環境が悪化したりすると、オスが出現して交尾によって繁殖する有性生殖によって子孫を残すようになります。

こうなると、メスだけで繁殖していた時の繁殖力が減退してしまいます。

これが、ある日突然ミジンコが減る原因の一つと考えられています。

 

飼育環境の悪化にミジンコは敏感に反応して、その繁殖力に多大な影響を与えてしまうので、環境の維持ってとっても大切なんです。

 

過密

 

そして、これがみなさん陥りがちな失敗!

ミジンコの繁殖力って強烈なんですけど、繁殖しすぎて、過密状態になってしまう事が多々あります。

そうなると、急激にミジンコが消えて行ってしまいます。

 

何が原因でミジンコが消えるのか?

 

さて、ミジンコ全滅のポイントを3つあげさせて頂きました。

3つを読んでみると、共通点が見えてきませんでしたか?

 

全てに共通して言える事があるんです。

 

「飼育環境の悪化」

 

これなんですよね!

結局は飼育環境の悪化が全滅に直結してしまうんです。

 

 

水温 ・・・ 「ミジンコ」に適した水温でない >>> 飼育環境の悪化

有性生殖期 ・・・なぜ有性生殖期になってしまうのか >>> 飼育環境の悪化

過密 ・・・ 増えすぎて、生きるのがしんどい >>> 飼育環境の悪化

 

 

ミジンコも生き物!

当然飼育環境によって、影響を受けてしまうって事ですね!

 

セロリマンの飼育環境ポイント

 

正直これが正解!っていうのはないと思っています。

なぜって、ミジンコだって生き物だもん!飼育する場所によっても環境って変わってしまうし、、、

 

だから、とりあえず、私がやっているポイントをお伝えして今回の記事終わらせて頂きます!

 

分散飼育をする

 

急激に飼育環境が悪くなる事があります。けど、水質の悪化に気づくのってなかなか難しいですよね?

突然の全滅リスクから回避する為に、飼育ケースを何個か用意して、分散飼育させましょう!

理想は3個以上は欲しいです!

稚魚箱にでミジンコを繁殖させるっていう方法もありやね!

セロリマン

 

増えたら、惜しみなく使う

 

ミジンコが飼育環境に影響を受けやすいって事はわかりましたよね?

ということで、過密状態や過密による水質悪化を防ぐために、惜しみなくメダカにミジンコを与えましょう!

ケチらず、適度に間引いてミジンコにとってのびのび生活できる環境を与えてあげましょう!

それでも多い時は、ペットボトルなんかに間引いて、そこで飼育して増やしてもいいと思います。

 

けど、節約志向でケチっちゃうんよね・・・

セロリマン

 

餌はPSBを使用

 

これに関しては、オススメっていう訳ではなく、単純に私がPSBを使用して培養しているっていうだけです。

ちなみに毎朝、毎晩あげています。量はちょこっと!

今のところ、それで順調に繁殖してくれています。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

ミジンコって、小さいし、エサ扱いされる事が多いので「飼育する」っていう意識が低くなってしまう人が多いのかな?って思います。

ミジンコも生きています。

だから、適した飼育環境を整えてあげる!っていう気持ちがめちゃくちゃ大切やと思いますよ~!

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
セロリマン
愛娘をこよなく愛する兼業ブロギューチューバーのセロリマンです。 趣味のアクアリウムに関するYOUTUBE動画を中心に、関連したブログを好き勝手に書き綴っています。 この「わくちゃれブログー」は、アクアリウムに関したブログだけでなく、ワードプレスの使い方・ブログの書き方・SEO対策などの役立ち記事をも書いていますので、これからブログを始めようとしている読者の方々にとっても励みになるブログです。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© セロリマンのわくちゃれブログー , 2020 All Rights Reserved.